ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは国の枠を超えて、
心と心がふれあう文化交流事業を行い、アジアの豊かな未来を創造します。

MENU

CROSSCUT ASIA おいしい!オンライン映画祭

その他

本映画祭は2022年2月3日(木曜日)を持ちまして閉幕いたしました。ご視聴・ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。なお、映画祭閉幕後もスペシャルメニューの記事や映像は引き続きお楽しみいただけます。
CROSSCUT ASIA おいしい!オンライン映画祭公式サイト

国際交流基金アジアセンターは東京国際映画祭(TIFF)と共催し、2022年1月21日(金曜日)から2月3日(木曜日)にかけて「CROSSCUT ASIA おいしい!オンライン映画祭」を実施します。「CROSSCUT ASIA」は2014年から2019年の6年間にわたり、TIFFの一部門として東南アジアの国、監督、テーマ等、さまざまな切り口でアジア映画の特集上映を行ってきました。このたび、オンラインで二部構成の特別編として復活し、「CROSSCUT ASIA 特別編「おいしい」アジア映画特集」部門と「CROSSCUT ASIA アンコール」部門として計13プログラムを無料配信上映します。
本映画祭のメイントピックは「食」。「CROSSCUT ASIA 特別編「おいしい」アジア映画特集」部門からは、数々の国際映画祭に出品を果たしたシンガポールを代表する映画監督、エリック・クー監督による『ワンタンミー』や、ジェイ・アベリョ監督によるネグロス島(フィリピン)の料理が目にも美味しいロマンティックコメディ『デリシャス!』、2021年ロカルノ国際映画祭金豹賞受賞の鬼才エドウィン監督によるインドネシアの“旅×食”ムービー『アルナとその好物』等全7作品を上映します。
CROSSCUT ASIA アンコール」部門は、これまでにTIFFの「CROSSCUT ASIA」部門で上映され好評を博した作品から厳選してお届けします。Netflixの『恋に落ちない世界』が記憶に新しい女性監督ニア・ディナタによるインドネシアのミュージカル映画『三人姉妹(2016年版)』や、マレーシアの15人の監督によるオムニバス映画やミュージックビデオが盛り込まれている短編集「ピート・テオ特集」等バラエティに富むプログラムを上映します。

本映画祭関連企画「スペシャルメニュー」では、映画監督らのトーク、食にまつわるインタビュー等もお届けします。「CROSSCUT ASIA アンコール」部門上映作品の1つでもある「ピート・テオ特集」の企画・統括をした、ミュージシャン・映画俳優・プロデューサー・監督とマルチな活動歴を持つピート・テオが本オンライン映画祭のためだけに特別ビデオを作成します。そのほか、映像や記事が盛りだくさん。詳細は本映画祭公式サイト上にてお知らせします。ぜひ、お楽しみください。

上映ラインナップ第一部:CROSSCUT ASIA 特別編「おいしい」アジア映画特集
上映ラインナップ第二部:CROSSCUT ASIA アンコール
スペシャルメニュー(関連企画)

イベント詳細

開催期間 2022年1月21日(金曜日)10時から2月3日(木曜日)23時59分(日本時間)まで
字幕 日本語、英語 ※一部作品には東南アジアの複数言語の字幕が付きます。
視聴 無料 ※一部作品は視聴対象国に制限があります。
主催 国際交流基金アジアセンター、東京国際映画祭
協力 駐日インドネシア共和国大使館、駐日シンガポール共和国大使館、駐日タイ王国大使館、駐日フィリピン共和国大使館、駐日インドネシア共和国大使館
問合せ 国際交流基金 アジアセンター文化事業第1チーム E-mail:jfac_film@jpf.go.jp
東京国際映画祭事務局 プロモーショングループ E-mail:delicious@tiff-jp.net
<WEB媒体>ブラウニー 長尾怜奈(nagao@eigapub.com

※視聴登録開始は1月18日(火曜日)12時(日本時間)から
※詳細、視聴登録:CROSSCUT ASIA おいしい!オンライン映画祭公式サイト

上映ラインナップ

第一部:CROSSCUT ASIA 特別編「おいしい」アジア映画特集

日本と東南アジア各国・地域の食文化にまつわる珠玉の作品7本を上映します。

『アルナとその好物』(Aruna & Her Palate
ラブストーリー/2018年/インドネシア/107分/インドネシア語/字幕:日本語・英語・クメール語・タイ語・ベトナム語
監督:エドウィン
出演:ディアン・サストロワルドヨ、オカ・アンタラ、ニコラス・サプットゥラ
視聴可能国:日本、インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、ミャンマー、フィリピン、ベトナム、ラオス

映画アルナとその好物のワンシーン
©CJ Entertainment, Palari Films
協力:大阪アジアン映画祭

インフルエンザの調査旅行に出かけることになったアルナが、友人らとインドネシア各地の名物料理の食べ歩きを計画する男女4人のロードムービー。旅先のジャワ島では黒スープ、カリマンタン島では蟹入り麺等、数々の料理に出会う。エドウィン監督の新作『復讐は神にまかせて』が2021年のロカルノ国際映画祭で金豹賞を受賞。


『バロットの大地』(Balut Country
ドラマ/2015年/フィリピン/94分/フィリピン語/字幕:日本語・英語・インドネシア語・クメール語・タイ語・ベトナム語
監督:ポール・サンタ・アナ
出演:ロッコ・ナシノ、ロニー・クイゾン、ヴィンセント・マグバヌア、アーチ・アダモス
視聴可能国:全世界(フィリピンを除く)

映画バロットの大地のワンシーン
©Solar Pictures

亡父の遺言で広大なアヒル農場を相続することになった息子。家を出て都会でミュージシャン暮らしの彼は売却するつもりで農場を訪れるが、雄大な風景の中で心が揺れはじめる。タイトルの「バロット」とは、孵化しかけたアヒルの卵を茹でて食べるフィリピンのソウルフード。2015年「CROSSCUT ASIA」上映作品。


『カンパイ!日本酒に恋した女たち』(Kampai! Sake Sisters
ドキュメンタリー/2019年/日本、アメリカ/96分/日本語・英語/字幕:英語・インドネシア語・クメール語・タイ語・ベトナム語
監督:小西未来
出演:今田美穂、千葉麻里絵、レベッカ・ウィルソンライ
視聴可能国:インドネシア、カンボジア、タイ、ベトナム、ミャンマー ※こちらの作品は日本では視聴できません。

映画カンパイ!日本酒に恋した女たちのワンシーン
©2019 KAMPAI! SAKE SISTERS PRODUCTION COMMITTEE
配給:シンカ

長らく「女人禁制」と言われてきた日本酒の世界。そんな伝統的かつミステリアスな世界で新しい世代の女性たちが輝く姿を通じて、観る者たちに今を生きる勇気と、さわやかな感動を与えてくれるドキュメンタリー。サンセバスチャン国際映画祭を皮切りに世界各地で上映された『カンパイ!世界が恋する日本酒』に続く第二弾。


『愛のスープ』(My Love is Soup) ※日本初上映
コメディ/2020年/タイ/99分/タイ語/字幕:日本語・英語・インドネシア語・クメール語
監督:クリアンクライ・モンウィチット
出演:ハッサウィー・パッカポーンパイサーン、サッサニー・ウィラチャット、ピティサック・ヤオワナーノン、スッティダー・カセームサン・ナ・アユッタヤー
視聴可能国:日本、インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、ブルネイ、ラオス

映画愛のスープのワンシーン
(C) MPictures Co., Ltd.

料理が苦手であるにもかかわらず、高級レストランで働くことになったミニー。自分のミスで下げてしまった店の評価を挽回するため、宮廷料理人だった曾祖父の秘伝のスープのレシピを求めて奔走する。イスラム教徒が多いタイ深南部の料理が目に楽しく、レストランの厨房事情も覗ける、ハートフルコメディ。


『デリシャス!』(Namets! (Yummy!) ) ※日本初上映
コメディ/2008年/フィリピン/94分/ヒリガイノン語/字幕:日本語・英語
監督:ジェイ・アベリョ
出演:エンジェル・ジェイコブ、クリスチャン・バスケス、ぺケ・ガリャガ
視聴可能国:全世界

映画デリシャス!のワンシーン

フィリピンのネグロス島・バコロドにて、借金のカタとしてイタリアンレストランが郷土料理の店に転身。鮮やかなプレゼンテーションのネグロス料理にグルメも唸る、目にも美味しいロマンティックコメディ。活況のフィリピン・インディペンデント映画界の登竜門シネマラヤ・フィリピン・インディペンデント映画祭出品作。


『川は流れを変える』(A River Changes Course
ドキュメンタリー/2013年/カンボジア・アメリカ/83分/クメール語・ ジャライ語/字幕:日本語・英語
監督:カリヤネイ・マム
視聴可能国:全世界(米国を除く)

映画川は流れを変えるのワンシーン
©2013 MIGRANT FILMS and The DOCUMENTATION CENTER OF CAMBODIA

カンボジアの3人の若者の暮らしを追うドキュメンタリー。漁村での魚の乱獲、借金と貧困、森林破壊といった社会問題をあぶり出しながら、人々が日々食べ、働き、生活を紡いでいく姿を映し出す。2013年サンダンス映画祭ワールドシネマ・ドキュメンタリー部門審査員大賞受賞。


『ワンタンミー』(Wanton Mee) ※日本初上映
ドラマ/2015年/シンガポール/71分/英語・中国語/字幕:日本語・英語・インドネシア語・クメール語・タイ語・ベトナム語
監督:エリック・クー
出演:コー・ブーンピン、ビル・ティオ、タミー・チュウ
視聴可能国:全世界

映画ワンタンミーのワンシーン
©Zhao Wei Films

中年料理評論家が、食の取材を通じてシンガポールの伝統と発展、そして自身のキャリアや人生も見つめ直す。ワンタン麺、ラクサ等の多様な麺料理、フィッシュヘッドカレーやナシレマといった多民族性が垣間見える料理等ストリートフードの数々を、巨匠エリック・クー監督がドキュフィクションとして描く意欲作。

一覧へ戻る

第二部:CROSSCUT ASIA アンコール

これまでの東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」部門上映作品から選りすぐりの作品を再上映します。

『カンボジアの失われたロックンロール』(Don't Think I've Forgotten: Cambodia's Lost Rock & Roll
ドキュメンタリー/2014年/アメリカ、カンボジア/107分/英語・フランス語・クメール語/字幕:日本語・英語
監督:ジョン・ピロジー
出演:シン・シサモット 、ロ・セレイソティア 、バイヨン・バンド
視聴可能国:全世界(ベトナムを除く)

映画カンボジアの失われたロックンロールのワンシーン

クメール・ルージュによって弾圧されるまでのカンボジアのポピュラー音楽史を1950~70年代まで辿った貴重な音楽ドキュメンタリー。生存者へのインタビューやアーカイブ映像を駆使して歴史が甦る。


『インビジブル』(Invisible
ドラマ/2015年/日本、フィリピン/134分/フィリピン語・タガログ語・日本語/字幕:日本語・英語
監督:ローレンス・ファハルド
出演:アレーン・ディゾン、セス・ケサダ、ベルナルド・ベルナルド、JM デ・グズマン
視聴可能国:全世界(マレーシアを除く)

映画インビジブルのワンシーン
©Solar Pictures
協力:福岡市

真冬の福岡と旭川でロケを敢行し、日本滞在の4人のフィリピン人(日本人と結婚したリンダ、不法滞在労働者のベンジー、ホストのマヌエル、建設作業員のロデル)を描いた話題作。シナグ・マニラ映画祭2015グランプリ。


『ピート・テオ特集』(Pete Teo Special
短編集/2008年~2013年/マレーシア/97分/中国語・マレー語・ タミル語・英語/字幕:日本語・英語
監督:ホー・ユーハン、ヤスミン・アフマド、アミール・ムハマド、ライナス・チャン、 リュウ・センタック、デスモンド・ン 、カマル・サブラン、タン・チュイムイ、ウー・ミンジン、ジェームス・リー、ベンジー&バヒール、ジョアン・ジョン、カイリル・バハール、ナム・ロン、スレイマン兄弟(『15Malaysia』)他
視聴可能国:全世界

ピート・テオ特集のワンシーン
©2009 Redbag Music Sdn Bhd.

『15Malaysia』は、ピート・テオが企画・統括した、15人の監督たちによるオムニバス作品。ヤスミン・アフマドの遺作『チョコレート』をはじめ、マレーシア社会をさまざまな角度から切り取った短編が並ぶ。
その他、ピート・テオが関わった短編『Vote!』、『Malaysia Day: Slipstream』、『Here in My Home』、『I Go』も併映。


『タン・ウォン~願掛けのダンス』(Tang Wong
ドラマ/2013年/タイ/86分/タイ語/字幕:日本語・英語
監督:コンデート・ジャトゥランラッサミー
出演:ソンポップ・シッティアージャーン、シリパット・クーハーウィチャーナン、 ナタシット・コーティマナスワニット、アナワット・パッタナワニットクン、ナッタラット・レーカー
視聴可能国:日本、インドネシア、カンボジア、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、ラオス

映画タン・ウォン~願掛けのダンスのワンシーン
©Song Sound Production

東京国際映画祭で『スナップ』(2015)や『私たちの居場所』(2019)が上映されたコンデート監督の作品。神様に願掛けをした4人の高校生が、チームを組んでタイ伝統舞踊を舞うことに。素人ダンサーたちが猛練習の果てに掴んだものは…。“タン・ウォン”とは踊りを始める前に構えるポーズのこと。


『三人姉妹(2016年版)』(Three Sassy Sisters
ミュージカル/2016年/インドネシア/124分/インドネシア語・英語/字幕:日本語・英語
監督:ニア・ディナタ
出演:シャンティ・パレデス、タラ・バスロ、タティアナ・アクマン、リオ・デワント、ルベン・エリシャマ、リチャード・カイル
視聴可能国:全世界

映画三人姉妹(2016年版)のワンシーン
©KalyanaShiraFilms / SAFilms

Netflixの『恋に落ちない世界』が記憶に新しい女性監督ニア・ディナタが、1956年の名作『三人姉妹』を現代に置きかえて描く華麗なミュージカル。個性の異なる美しい三姉妹の結婚話が快活に展開する。


『罠(わな)~被災地に生きる』(Trap
ドラマ/2015年/フィリピン/93分/フィリピン語・ワライ語/字幕:日本語・英語
監督:ブリランテ・メンドーサ
出演:ノラ・オーノール、フリオ・ディアス、アーロン・リベラ
視聴可能国:日本、インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、ラオス

映画罠(わな)~被災地に生きるのワンシーン

2013年11月、巨大台風ヨランダがフィリピンを直撃して大災害をもたらした。被災地に生きる人々に寄り添い、人間の尊厳を問う作品。世界的に活躍する巨匠ブリランテ・メンドーサ監督作品。ノラ・オーノール主演。カンヌ映画祭2015「ある視点」部門スペシャル・メンション。

※上記作品のほか、「CROSSCUT ASIA 特別編 「おいしい」アジア映画特集」部門の『バロットの大地』もTIFFCROSSCUT ASIA」部門の再上映作品となります。

一覧へ戻る

スペシャルメニュー(関連企画)

映画の上映に加え、映画監督らのトーク、食にまつわるインタビュー等、箸休めにも、主食にもなるような充実したスペシャルメニューもお届けします。在京各国大使館の料理や東南アジアのランチの様子のほか、現地直送の映像や記事が盛りだくさん。詳細は本オンライン映画祭公式サイト上でお知らせします。

【視聴の注意点】

  • 公式サイトより視聴登録完了後、作品視聴が可能となります。
  • 視聴可能人数には制限があります。制限人数に達した場合は、配信終了となります。
  • インターネットの回線速度が十分でない場合や、ご利用端末の状態によって快適な視聴が難しいこともございます。安定した通信環境下でご利用ください。
  • 視聴条件等詳細は、公式サイトでご確認ください。

一覧へ戻る

CROSSCUT ASIA 特集一覧

CROSSCUT ASIA #01 魅惑のタイ

CROSSCUT ASIA #02 熱風!フィリピン

CROSSCUT ASIA #03 カラフル!インドネシア

CROSSCUT ASIA #04 ネクスト!東南アジア

CROSSCUT ASIA #05 ラララ♪東南アジア

CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア

アジア映画の魅力を紹介する特別冊子「CROSSCUT ASIA SPECIALPDF版掲載!