最新情報はこちら

NP経験者をフォローアップ!埼玉県とオンラインイベント開催

2022年1月31日 追記
本集いの詳細報告を掲載しました
「令和3年度埼玉県における多文化共生事業に関する集い」詳細報告

2021年12月4日(土)、オンラインにて「令和3年度埼玉県における多文化共生事業に関する集い」を埼玉県国際課と共催し、45名が参加しました。
本集いは、国際交流基金(JF)アジアセンターが実施する日本語パートナーズ(NP)派遣事業のフォローアップ事業として、首都圏在住のNP経験者と埼玉県内で多文化共生関連団体との交流を目的として開催しました。
当日は、20名のNP経験者と、外国人支援など多文化共生に関する活動を実施する6つの団体の関係者にご参加いただき、各団体の具体的な活動紹介を踏まえ、NPとしての経験が生かされそうな点や、活動を行う上での今後の課題や可能性等について活発に意見交換いただきました。

終了後のアンケートでは、団体の関係者から「日本に居ながら日本人と交流できない外国人の状況を、NP経験者が理解してくださっているのがとても嬉しかった」「NP経験者が団体の活動に参加してくだされば嬉しい」などの感想をいただきました。
また、NP経験者からは「埼玉県内の多文化共生事業について複数の団体から話が聞けた。現在展開されている活動を広く知ることができた」「実際に多文化共生事業に携わる皆さんのお話を聞き、ぜひ活動に関わっていきたいという気持ちが高まった」などの声が寄せられました。

【参加団体】 ※50音順
埼玉県伊奈町(伊奈町)
埼玉県教育局生涯学習推進課(さいたま市)
公益財団法人埼玉県国際交流協会(さいたま市)
埼玉日本語ネットワーク(埼玉県内)
芝園団地自治会(川口市)
埼玉県指定・認定特定非営利活動法人ふじみの国際交流センター(ふじみ野市)

PAGE TOP