最新情報はこちら

「スラサックウィッタヤーコム学校での思い出」

こんにちは、みなさん。

元気にお過ごしですか。
最近は空気が汚れているせいか、鼻詰まりがひどくなってしまいました。
みなさんも気を付けてください。

今回は、私の赴任先の学校であるスラックウィッタヤーコム学校を紹介いたします。全生徒数約1,000人の中規模の学校です。今のところ、外国人の先生は私1人です……!英語も中国語もみんなタイ人の先生なんです!日本語履修者は、M1~M6(中学1年生から高校3年生)まで約150名います。

派遣先校の外観の写真

この学校に派遣されて約7か月。学校ではいろいろなイベントがありました。特に印象に残っているものを挙げます。

ASEANday
外国語の先生は、ほかの国籍の服装をするという日でした。わたしはもちろんタイ服を着ました。タイ服をきちんと着たのはこの日が初めてで、とても嬉しかったのを覚えています。

タイ服を着た佐鳥さんと生徒たちの記念写真

職員旅行inカンチャナブリー
職員旅行でカンチャナブリーへ行きました。遠かったのですが、バスの中は常に音楽がかかっていて、先生方がカラオケをしていたり、照明を暗くしてバス中で踊ったり……常に騒がしかったです。(笑)日本と文化の違いを感じました。夜は、宿泊先でパーティがありました。服装のテーマはなぜかボヘミアンで、服を探すのにとても苦労しました。(笑) 泊まったところは、水に浮かぶ小さな部屋で、とても素敵でした。1泊2日、いろいろな名所に行って、たくさん食べて、とても楽しい時間を過ごせました。

お寺の写真
電車の写真
水上の宿泊施設の風景写真
クラブのような照明を落とした部屋の写真

ロイクラトン祭り
M6の生徒に教わりながら、一緒にキャンドルを作りました。学校が終わった後は、カウンターパートの先生たちと一緒に、キャンドルを流しに、ロイ島へ行きました。夕方、海にいくつか火の灯ったキャンドが浮いていてとてもあたたかな雰囲気でした。わたしは、キャンドルをうまく流すことができず、結局波にのまれてしまいました。(笑)でも、いい思い出です。こんな貴重な経験、この先できないんだろうなぁとしみじみと思いました。

キャンドルを流す様子の写真
葉っぱを編んでキャンドルの土台を作る様子の写真
完成した葉っぱとお花の土台のキャンドルの写真
海を眺めた風景写真

ここに載せきれないほどたくさんの思い出があります。私にとって、どれもほんとうに貴重な経験です!!タイにいられるのもあと約3か月!本当にあっという間です。最後まで、学校の活動、頑張っていきたいです!!

Writer
タイ チョンブリー
佐鳥 野乃花さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP