最新情報はこちら

タイの教会の街・チャンタブリーで過ごしたクリスマス

こんにちは。タイ東部のチャンタブリーで活動している大竹春菜です。
敬虔な仏教国のタイで、クリスマスはどのように過ごすんだろう……。タイに来てからの私のちょっとした疑問でした。加えて、私が住んでいるチャンタブリーにはカトリック大聖堂があります。クリスマスに何が起こるのか、ずっと前からワクワクしていました。今回は、日本以上にクリスマスらしかったタイで過ごしたクリスマスについて紹介します。

教会の外観写真
普段の教会

12月21日から24日の4日間、教会でクリスマスイベントが開かれていました。
私は22日と24日に行きました。普段は静かな教会に続く細い道が人で溢れ、なかなか前に進めないほど。教会にたどり着くと教会を背景にしたプロジェクションマッピングや豪華なイルミネーションがあり、想像以上のイベントの派手さに度肝を抜かれました。

クリスマスシーズンの教会前で撮影した写真
22日は日本語専攻の生徒に案内してもらいました。
イルミネーションの前で撮影した写真
24日は同じチャンタブリー派遣のNP入野さんや先生方と。
教会の写真
プロジェクションマッピングされた教会。人もたくさん。

連日22時半までイベントが続いていたようですが、クリスマスイブの24日はカウントダウンでクリスマス当日の0時を迎えました。カウントダウンとともに教会やツリーが輝き花火も上がり、周囲の人たちの拍手や大歓声!こんなに盛大にクリスマスを迎えたのは生まれて初めてで、感動してしまいました。

教会の背後であがる打ち上げ花火の写真
クリスマスを迎えた瞬間の花火

そしてクリスマス当日の25日の朝には学校でクリスマスイベントが行われました。生徒によるダンスや英語劇、そして外国語科の先生によるダンスのパフォーマンスがありました。私もダンスに誘っていただき、2週間前から毎日のようにチームで練習を重ねました。当日は、生徒の歓声をいっぱいに受けながらのダンス。タイ人以外の先生と関わるのは初めてだったので、とても楽しかったです。

クリスマスイベントでステージにあがる先生方の写真
外国語科の先生の服は揃って赤や緑。校長先生や副校長先生も!
現地の制服を着た大竹さんの写真
生徒の制服を借りました。左は高校生、真ん中と右は中学生の制服です。
学生の制服を着た先生がたの写真
外国語科教員チーム。タイ人、外国人含めた多国籍メンバーです。
ステージでダンスをする生徒たちの写真
パフォーマンスの様子。ラストは先生も生徒も一緒にダンス!

このイベント、午前中の授業を2コマつぶして実施されました。私の学校で授業が無くなることはめったにないので、それほどの一大イベントなのかと驚きました。 仏教国・タイで過ごしたクリスマス。国や宗教を超えて季節のイベントを盛大に楽しむのは、日本と同じですね。思い出に残るクリスマスでした。

サンタと撮影する大竹さんの写真
サンタも登場!
生徒たちの写真
サンタからお菓子を貰おうと走り回る生徒たち
クリスマスの仮装をした先生がたとの写真
クリスマスを一番楽しんでいたのは、先生たちかもしれません。
PAGE TOP