最新情報はこちら

生徒の結婚式に参列!?

ある日学校に行くと、職員室の机の上に見慣れない民族衣装が。さらに廊下を歩いていると、バティック・クバヤなどの民族衣装に身を包んだ生徒たちがいました。何事かと思い、先生に聞いてみると、「今日はジャワ語の授業の一環で生徒たちはジャワの結婚式をしますよ、陽子さんも授業のない時間に見学しませんか」とのことでした。

写真
朝職員室に入ると、机の上に民族衣装がありました。

インドネシアとして統一されていながらも、それぞれの地域でそれぞれの文化を持つインドネシア。公用語はインドネシア語ですが、地域ごとに地方語も持っており、私の派遣地域である中部ジャワ州スマランではジャワ語が話されています。私の派遣校でも国語であるインドネシア語、外国語である英語・日本語の授業に加えて、ジャワ語の授業があります。ジャワ語の授業では、単に言葉だけではなく、文化も教えられているようです。
せっかくなので、日本語の授業のない時間に、私も見学させていただきました。生徒が花嫁・花婿とその家族、参列客などの役に扮し、式を進行しました。ジャワの伝統的な衣装に身を包み、様々な儀式を行います。見慣れない儀式や飾り。私がこれはなんだろうと思っていると、近くの先生や生徒が、これにはこういう意味があるんだよ、と教えてくれました。みんな笑顔を見せながらも、真剣に儀式をしていて、伝統文化を大切にする生徒の姿が見られました。

式の様子の写真
他クラスの生徒たちも、興味深そうに花嫁と花婿たちを見つめます。
写真
花嫁の父役の生徒の膝の上に、花嫁と花婿が腰掛ける儀式。
これは花嫁も花婿も同じ重さであり、将来にわたって花婿を自分の息子として分け隔てなく扱うことを意味するそうです。
写真
お祝いの黄色いご飯を花嫁・花婿がお互いに食べさせあう儀式では、
周りの生徒からチエーチエー(日本語のヒューヒュー)というひやかしの声が。

急速な成長の過程にありながらも、伝統や地域の文化を大切にするインドネシア。日本語パートナーズとして、日本を発信するだけでなく、自分自身もインドネシアの豊かな文化を学び、発信していきたいと思います。

記念写真
式が終わった後、カメラを向けると笑顔を見せてくれた生徒たち。みんな、伝統衣装がとてもよく似合っています。
記念写真
花嫁・花婿役の生徒とジャワ語の先生。
花嫁役の生徒は、この日は早起きして美容院で化粧とヘアセットをしてきたそうです。
参列した生徒たちも一緒に撮った記念写真
集合写真。普段の授業の時よりも、生徒が大人びて見えました。
Writer
インドネシア 中部ジャワ州
加藤 陽子さん

この人の書いた他の記事

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP