最新情報はこちら

文化を交流する中で学んだこと

北スマトラ州メダン市に派遣されて、早いものでもうすぐ6か月、帰国の日が近づいております。

日本語パートナーズ インドネシア スマトラ州 メダン市 乾季の晴れた空の画像
雨季もあけて、乾季となった今は雨も滅多に降らずとても暑い毎日です。

さて、今回はそんな私が活動しておりますメダン市と、私の派遣校についてすこしお話したいと思います!
 メダン市は北スマトラ州全体人口の約16%が在住しているほど大きな都市です。

日本語パートナーズ インドネシア スマトラ州 メダン市 市の名前が書かれた看板の画像
他のインドネシアの大都市同様まさに、「混合」の文化です。

また、メダン市の一つの大きな特徴は「中国系」インドネシア人が推定人口の2割を占めていることです。これはインドネシア全体の平均が3%と言われている中で際立って高い数字です。

日本語パートナーズ インドネシア スマトラ州 メダン市 メダン市で行われる中国の旧正月イベント「Imlek」の様子
そのためメダン市ではインドネシア語のほかにも北建語という言語もあります。この写真は中国の旧正月のイベントでImlekというもの。学校によっては祝日になります。

そんなメダン市にある派遣先の学校で、私が驚いたことは2つあります。
1つ目は、イスラム教、ヒンズー教、仏教、そしてキリスト教を信仰する生徒がほぼ同じ比率で在席しているということです。

日本語パートナーズ インドネシア スマトラ州 メダン市 派遣先校で働く先生方 は民族も宗教も多種多様であることを象徴した画像
そこで働く先生方の宗教もバラバラです。派遣前研修では国民の87%がイスラム教を信仰していると伝えられていたので、とても驚きました。

授業のはじめと終わりにあるお祈りの時間でも、それぞれのお祈りの仕方があり、私はその間生徒達のお祈りの様子を眺めています。私は特になにもしないので、生徒たちから「先生の宗教は何だろう、何もしないのかな?」といったような視線をよく感じます。

日本語パートナーズ インドネシア スマトラ州 メダン市 他民族、多言語、多文化のマルチカルチャーの縮図である派遣先のクラスの皆さん
学校では多民族、多言語、多文化というマルチカルチャーの中で、お互いを受け入れ尊敬し合うことを大切にしています。独自の文化、言語を有する日本にはないことであり、とても感動しました。
日本語パートナーズ インドネシア スマトラ州 メダン市 派遣先校内に設置されているイスラム教の礼拝堂の画像
校内には各宗教の礼拝堂があり、これもまた私にとってはじめてのことで、多様性を尊重している校風であると改めて感じました。これはイスラム教の礼拝堂です。
日本語パートナーズ インドネシア スマトラ州 メダン市 メダン市 派遣先校内に設置されているヒンズー教の礼拝堂の画像
これはヒンズー教の礼拝堂です。
日本語パートナーズ インドネシア スマトラ州 メダン市 メダン市 派遣先校内に設置されている仏教の礼拝堂の画像
これは仏教の礼拝堂です。
日本語パートナーズ インドネシア スマトラ州 メダン市 派遣先校内に設置されているキリスト教の礼拝堂の画像
これはキリスト教の礼拝堂です。
日本語パートナーズ インドネシア スマトラ州 メダン市 派遣先のクラスでの授業の様子
日々生徒達から学ばせていただく毎日で、このような素敵な環境で活動させていただけていることにとても感謝しています。

2つ目は、前述した4つの宗教の「授業」があるということです。それぞれの宗教の先生方によって行われ、生徒たちが自分の宗教とは違う宗教を学び、お祈りをします。

日本語パートナーズ インドネシア スマトラ州 メダン市 朝礼で行われる4つの宗教のお祈りの時間が持たれている様子
ほとんど毎週行われる朝礼でも4つすべてのお祈りをはじめにするので、すべて終わるころにはあっという間に15分ほど経過しています。そこで、またしても生徒たちは私が何もしていない事に気付き、「先生の宗教は何?」という視線を感じます。

皆がお祈りをする時に何もしないなんて、確かに気になりますよね。日本の宗教については、おそらくインドネシアに来てから1番された質問です。いまでも上手く説明することは難しいですが、日本全体というよりは、「私自身のこと」としていつもお話しています。これは宗教に限ったことでなく、日本文化についても、「日本は」と切り出すのではなく、「私は、私の家では、私の地域では」という風に伝えることを心がけています。インドネシアよりもとっても小さい日本ですが、文化や慣習は地域によって全然ちがいます。そしてそれは民族集団の多様性をもった国インドネシアにももちろん共通して言えることです。

日本語パートナーズ インドネシア スマトラ州 メダン市 多民族、多言語、多文化の中、生活を共に暮らす生徒たちの様子
本当にあたたかくて、元気な生徒達。たくさんの民族、言語、文化のなかで生活を共にしている彼らのとてもオープンな人柄に元気をもらう毎日です。ありがとう!
Writer
インドネシア スマトラ州
伊藤 英理さん

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP