最新情報はこちら

パダンから日本へ手紙よ届け!

西スマトラ州にあるパダンで活動をしているインドネシア10期の鬼頭直美です。

モスクの写真
パダンで1番大きなモスク

今回は私が最後の授業で行った活動について紹介をしたいと思います。

派遣が決まった時からこれだけはやりたかったこと。

それは日本の生徒とインドネシアの生徒との手紙の交換です。

自分がその語学を学ぶ生徒だったらどんなことをしたいかと考えた時に、1番に思い浮かんだのが、その国の人と友達になりたい!ということでした。

この街で出逢った生徒達の多くが生まれて初めて出逢った日本人が私。
生まれて初めて日本語で会話した日本人が私です。

授業で毎週のように日本語を学ぶ生徒達にとって、おはよう!こんにちは!さようなら!のたった一言だけでもその国の人達と挨拶ができたことは、ワクワクするし、自信になる。

生徒と鬼頭さんの写真
日本語の授業の様子

勉強した文章で会話なんてできちゃったら、日本語を学ぶモチベーションはぐんとアップしちゃいます。

これは6カ月間生徒と過ごしてきたなかで私が実際に見てきた彼らの姿でした。

帰国前に、私だけではなく、彼らと同じ歳の日本人の生徒達と繋がってほしい。日本に友達をつくってほしい。
そんな思いから、私の実家の塾の生徒さん達にお願いをして手紙を書いてもらいました。

届いた手紙の写真
日本にいる生徒が私の生徒にむけて書いてくれた手紙達

日本人から貰った初めての手紙の封を嬉しそうに開ける姿。
中に入っていたプレゼントを大事そうにしている姿。

手紙やプレゼントを手にする生徒たちの写真
手紙の中にはなんとプレゼントが……!嬉しそうな笑顔!
手紙を書く生徒たちの写真
習った言葉を思い出しながら真剣に書いていました

今まで勉強してきた言葉を一生懸命思い出しながら1文1文丁寧に手紙を書く姿には思わず込み上げてくるものがありました。

日本語パートナーズとしてこの街で活動できる期間は限られていますが、この期間だけが全てではないはずです。

この手紙は、私の帰国と一緒に日本へ持ち帰ります。

生徒たちが書いた手紙の写真1
絵や地図を描いたり、連絡先をかいたり……!
生徒たちが書いた手紙の写真2
プレゼントにインドネシアのお金を準備していた生徒も!
生徒たちが書いた手紙の写真3
全部本当に素敵な手紙達です!

そして、また日本から返事を返して、ここを離れてもずっとずっと繋がり続けていけたらなぁと思います。

そしてまた1人、また1人と大好きなパダンという街に日本のファンが増えていってくれたら嬉しいです。

Writer
インドネシア 西スマトラ州
鬼頭 直美さん

この人の書いた他の記事

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP