最新情報はこちら

「日本人」

よくこんなことがあった。
スーパーの店員さんや市場で通りすがりの人に話しかけられる。
「日本人ですか?」
そうです、と答えると、彼らは嬉しそうな顔をする。
そして「私は○○です。」という自己紹介をしてくれたり、「こんにちは。」「ありがとう。」などの日本語を使ってくれる。
なんでも彼らが高校生や大学生のときに出会った日本人から教わったそうだ。
中にはその日本人との写真を嬉しそうに見せてくれる人もいた。
また、「私はいつか日本に行きたい」という夢を語ってくれる人も多かった。
こんな出来事から、私の派遣先であるパダンで日本への繋がりが残っていることを深く感じられた。

生徒たちと日本語パートナーズ鈴木さんの写真
自分の教え子と言えるかわいい生徒達

パダンでの約7ヶ月の日本語パートナーズとしての活動を終えた。
自分が派遣されたことで、生徒や先生たちにとって何かプラスになったのだろうか。
この答えは今すぐに目にみえる成果として出てくるものではないと思う。
もちろん、目に見える成果や手ごたえ、やりがいを感じたことはある。
でも本当の意味の自分の活動の成果はこれから出てくるのだと思う。

派遣前研修に参加するまで何も知らなかったインドネシア。
でも今では自分の第2のふるさとと呼べる場所があるインドネシア。
自分の中でインドネシアが身近な国になったように、生徒たちにとっても日本が身近な国になってくれていたら嬉しい。

生徒たちと鈴木さんの写真
青春の1ページにお邪魔させてもらってました!
フットサルをした時の記念写真
大学生や、派遣校ではない高校の生徒達ともフットサルで汗を流しました

いつか自分の生徒と日本人が出会ったとき、日本語で話して交流をしてほしい。
欲を言えば、自分との写真なんかみせて、この日本人から教わった、とか言ってほしい(笑)。
自分の活動の中の何かが彼らの心のどこかに残り、彼らと日本を繋げてくれるものになってくれたら、これほど嬉しいことはないと思う。

自分も日本で生活する中でインドネシア人を見つけたら交流したいと思う。
生徒達や先生から教わったインドネシア語を使って。

カウンターパートの先生たちと鈴木さんの写真1
他のカウンターパートの先生たちにも大変お世話になりました
カウンターパートの先生たちと鈴木さんの写真2
大好きなカウンターパートの先生。(変顔を提案しといてやらない先生たち)
パダンの海の写真
忘れられないパダンの海
Writer
インドネシア 西スマトラ州
鈴木 海翔さん

この人の書いた他の記事

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP