最新情報はこちら

タイ人は、〇〇がスキ! 〇〇がステキ!

みなさん、サワッディーカー(こんにちは。)

突然ですが、今回のタイトルの〇〇に入る言葉は、何だと思いますか。ヒントはどちらも漢字2文字です。私がタイに派遣されてから毎日のように感じていることでもあります。いろいろな言葉が思いつくと思いますが、私なりの考えは……
「タイ人は、冗談がスキ!笑顔がステキ!」です。

会話をしたり、行動を一緒にしたりする中で常日頃感じています。私が印象に残っている冗談をいくつか紹介します。

シーン1:事務員さんに1枚封筒を欲しいとお願いしたとき。
私:「封筒をいただけませんか。」事務員さん:「ありますよ。1枚1500バーツだよ!(日本円にすると、約4500円)!」私:「高いです!!!(笑)」

シーン2:大家さんに海に連れて行っていただいたとき。
私:「海、とってもきれいですね。」大家さん:「日本が恋しいでしょ?この海は日本とつながっているから、今から泳いで帰れるよ!」私:「(笑)(笑)」

シーン3:大雨のため、学校で帰宅待機しているとき。
私:「(待っている。)」体育の先生:「先生、どうぞ歩いて帰ってください。」私:「帰れません!(笑)」

みなさん、どうでしたか?今回紹介したのは、日常のごくごく一部です。このような他愛もない冗談でいつも笑わしてくださるタイの方々。愉快で優しい方ばかりです。1つ驚いたのは、初対面でも遠慮なく冗談を言うことです。日本人の場合、初対面の方とは丁寧な挨拶を交わし、敬語を使って話すことが多いのではないでしょうか。しかし、タイ人のみなさんは、初対面でも冗談を言い合います。冗談を言い合い、遠慮しないからこそ仲良くなれるのだそうです。親しみやすく、気さくな考え方ですね。私もユーモアある返しができるように頑張ります。

今後も、飛び交う冗談に囲まれながら、ステキな笑顔あふれる生活が続きますように。

先生の誕生日会での記念写真
職員旅行の記念写真
王様の生誕式の集合写真
母の日に正装で撮影した写真
みなさんのステキな笑顔。
写真はそれぞれ、喪服期間中に行った先生の誕生日会(黒)、職員旅行でのタイ服(赤)、
王様の生誕式、母の日の式典(青)です。
Writer
タイ チャンタブリー
入野 花織さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP