最新情報はこちら

水不足

「タイ」と聞いて思い浮かべるのは何ですか?「暑い」「高温多湿」「雨」と気候に関するイメージもあるかもしれません。タイに初めて旅行で訪れた2年前、その暑さと湿気に衝撃を受けました。とにかく暑くて観光どころではありませんでした……(笑)

さて、タイに来て3か月が経ちました。タイは現在雨季です。日本には四季がありますが、タイでは暑季・雨季・乾季の3つの季節に分けられます。雨季は字のごとく雨の日が多く、スコールも頻繁に降ります。突然のスコールにはいつも苦労しますが、現在私は雨ごい中です。なぜでしょう。ヒントはこの写真です。

水がわずかに見える野原の写真
ここはどこでしょう。

私は今スリンの市内にいるのですが、所々で断水に見舞われています。市内はファイサネーン(Huai Saneng)という大きな貯水池から水を供給されるのですが、なんとその大きな貯水池が枯れてしまっているのです。先日、CP(カウンターパート)の先生に連れて行ってもらい初めてその深刻さを目にしました。通常、この時期の貯水池は十分に水がたまっている場合がほとんどです。(気になる方はインターネットで検索してみてください。)

スリンに来てから思っていたよりも雨の日は少なく、意外と過ごしやすいなとのんきに考えていました。一日中降り続く日は少ないです。降水量は昨年から例年を下回り、さらに今年も減少し続けているそうです。

私がスリンに来た5月、あと2か月はもつから節水を心がけようと発表されたそうですが気づけば8月。市内には学校や公共機関も多く、先生方や知人の家でも断水がおきています。計画的に夜間の断水が行われているそうですが、昼から出ないこともあると聞きました。先日、学校では地下水の工事が行われました。私のアパートには大きなタンクがあり、まだ断水は起きていませんが今後どうなるかはわかりません。いざというときのためにバケツや飲み終わったペットボトルに水をためています。スコールは大変ですが、乾季に入る前にたくさん降ってほしいです。

Writer
タイ スリン
森川 美涼さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP