最新情報はこちら

パクトンチャイ

いつもは静かな田舎の街、ナコンタイが11月の1週間だけとても賑やかになります。それが、「パクトンチャイ」と呼ばれる伝統的な行事です。

ナコンタイは英雄であるポークンシーインタラーティットが生存した場所です。ポークンシーインタラーティットはスコータイ朝の初代国王であり、タイで最初の国王として、ナコンタイの人々から非常に尊敬されています。

パクトンチャイの期間は、ポークンシーインタラーティットの記念碑がライトアップされ、記念碑の周りには多くの屋台が出店します。

記念碑の写真
普段は照明のない記念碑が、パクトンチャイの期間だけきれいにライトアップされます。

今年は11月10,11日の2日間、ポークンシーインタラーティットを描いた演劇を記念碑で行いました。

記念碑の下の階段が飾りつけられ演劇が行われている写真
ポークンシーインタラーティットを描いた演劇の様子。
演劇の様子の写真1
演劇の途中では多くの花火も上がり、迫力がありました。
演劇の様子の写真2
僕も村長の役を演じました。

11月11日のロイクラトン(灯篭流し)の日の早朝には、多くのナコンタイの人々がカオチャーンルーアンという山に登ります。これも、パクトンチャイの風習です。

ポークンシーインタラーティットが生きた時代は、カンボジアとの戦争の時代でした。彼は、タイ人であることを誇示するために白い旗を掲げました。ナコンタイの人々は、彼の功績を思い出すとともに、災害が起きないように祈願するために、山の頂上に白い旗を掲げます。

白い旗が掲げられた岩山の頂上の写真
ナコンタイの偉い方や僧侶をはじめ、多くの人々が頂上を目指します。
頂上に集まった僧侶たちの写真
ナコンタイの安全を祈願している様子。

パクトンチャイを通して、ナコンタイの人々がいかにポークンシーインタラーティットを尊敬しているのかが伝わってきました。特に、演劇の最後の「ポークンシーインタラーティットがいなければタイは存在しない」という台詞は、とても印象深いものでした。

Writer
タイ ピサヌローク
石井 聡さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP