最新情報はこちら 最新情報はこちら

新年快楽

大家好(こんにちは)!台湾・台北に派遣されている杉田映菜です。

今年の台湾の旧正月は10連休で、それに合わせて派遣先の高校も冬休みに入りました。
日本の年末年始と同じ時期に一度年越しイベントはあるのですが、旧正月の方が重要視されているので、今年は2回お正月を迎えたような気持ちです。台湾の旧正月は「一人で過ごしているんじゃないかと思って」と心配して連絡をくれる先生もいるほどの一大イベントです。どうやって過ごすか迷っていたところ、「南部出身の先生の家を回ったら?」との一声で、あれよあれよという間に先生方のご実家を訪問させていただくことになりました。

日本では大晦日より元日の方が重要ですが、台湾では大晦日である「徐夕」が一番大事な日です。この日は南部にある高雄市の近くの屏東の先生のご実家にお邪魔させていただき、集まったご親族と一緒に食事をしました。台湾では「年菜」と呼ばれるおせちに当たる料理を食べきれないほど用意します。普段生活している台北と違って暖かく、天気も良いので外で食べたのも印象的でした。

たくさんの年菜。スモークBBQもありました

元日は高雄の先生のご家族のもとにお邪魔しました。レストランで食事をした後、「旧正月中はどこに行っても混んでいるから家で麻雀をする」とのことで、台湾式の麻雀に挑戦。日本の麻雀も未経験だったので、前日に屏東で特訓してもらい、基礎だけ叩き込みましたが、やはり一人では全然太刀打ちできませんでした。先生に後ろで教えてもらいながらでしたが、とても楽しかったです。日本のルールよりも簡単なようなので、機会があればまたやってみたいです。

台湾麻雀。またやりたい!

日頃からよく私のことを気にかけてくれる先生方ですが、今回家族ぐるみでおもてなしをしてくださり本当に感謝しています。普段の生活よりもさらに台湾らしさを感じられるとても貴重な体験となりました。

駅前のオブジェも卯年仕様でかわいい!
Writer
杉田 映菜さん

この人の書いた他の記事

よく読まれている記事

PAGE TOP