最新情報はこちら

あたたかい歓迎をうけて

インドネシアで日本語パートナーズとして活動している山本翔子です。私は、2019年8月〜2020年3月までロンボク島に派遣されています。 ロンボク島は、バリ島の東側にあり、面積は日本の和歌山と同じくらいの小さな島です。

インドネシアに来て4週目、ロンボク島に来て3週目を迎えています。今回は、私の派遣先2校での初登校&初授業の様子について、ご紹介します。

初登校では、とてもあたたかい歓迎を受けました。朝礼では、全校生徒の前で日本語とインドネシア語で挨拶をし、伝統的な織物をいただきました。私も日本から持ってきた、おみやげをプレゼントしました。

浴衣を着て先生がたと撮影した記念写真
先生との記念写真
先生と贈り物交換をする様子の写真
朝礼の様子の写真
朝礼は7時から始まります

職員室には、歓迎の横幕が飾られており、そういった様子から、“日本語パートナーズ”が、派遣校から、大いに期待されている雰囲気が伝わってきました。期待に応えられるよう、自分にできることを精一杯取り組みたいと強く感じました。

山本さんの顔写真入り横幕の写真
飾られていた横幕に感動しました

初めての授業では、これから私が生徒の名前を呼んで会話できるように、折り紙で名札作りをしました。1クラス25人〜35人、合計17クラス。約500名の生徒と一緒に折り紙を折りました。

授業のために準備した折り紙の写真
大きな「画用紙おりがみ」と準備物

私が教室の前で、大きな折り紙で見本をみせながら、ゆっくり手順を進めます。完成したあとは、折り紙に生徒が自分の名前を書きます。

折り紙を折る生徒たちと、大きな折り紙で手本を見せる山本さんの写真
難しそうな折り紙も、クラス全員が上手に折ることができました!
カタカナで名前を記入する生徒の写真
学習ずみの「カタカナ」で、上手に名前を書きます
自己紹介をする生徒とそれを見守る山本さんの写真
教科書で習った表現で、自己紹介!

生徒全員の名前を覚えるのに時間がかかりそうですが、一人ひとりとの会話を大切に、これからの6ヶ月間精一杯、力を注ぎたいと思います!

折り紙名刺を持って撮影した生徒との集合写真
SMKN2Kuripan 12年生(高校3年生)のクラスにて
Writer
インドネシア 西ヌサトゥンガラ州
山本 翔子さん

この人の書いた他の記事

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP